宮城県水産加工品品評会〝食材王国みやぎ″の逸品揃う

2020年3月26日

クリックで画像を大きく表示します

出品商品の高いレベルに審査員も苦悩

 “食材王国”を標榜する宮城県の水産加工品を一堂に集め、その出来栄えを競う県水産加工品品評会(宮城県、県水産加工連主催)が1月29日に開催された。44回目を数える今年の品評会には、59社1校が計182点を出品。いずれも「非常にハイレベル。甲乙付けがたい」と審査委員を悩ませる出来栄えの作品が揃った。2月19日には県がJR仙台駅で水産加工品販売イベント「みやぎ水産の日まつり」を行い、上位入賞作品を中心に一般販売も行われ人気を集めた。地域を代表する商品として入賞した5つの出品作品を紹介する。[....]