宮下 盛(みやした・しげる)氏(近畿大学水産研究所所長・教授)

2015年11月19日

 11月17日死去。72歳。 

 通夜は19日午後7時から、告別式は20日午後1時から、いずれも和歌山県田辺市東山1?19?12の「ベルコシティホール田辺」(電話0739?25?4124)で、宮下家と近大水産研究所の合同葬として行われる。
喪主は妻・すが子(すがこ)さん。
葬儀委員長は熊井英水近大理事・元水産研究所所長。

 宮下氏は近大農学部水産学科卒。近大水産研究所白浜実験場に着任後、昭和46年から水産養殖種苗センター白浜事業場を兼務し、助手、助教授を経て平成13年に教授に就任。20年から26年まで水産養殖種苗センター長、23年から水産研究所所長を務めていた。

 一貫して、主にヒラメ、マダイをはじめとする海水魚類の種苗生産・完全養殖技術開発に携わり、養殖産業の発展に寄与。また、マグロの増養殖研究にも当初から参画し、クロマグロ完全養殖の成功にも大きく貢献した。