太平洋クロマグロ韓国でも操業自粛、自主漁獲枠超過で

2017年3月22日

 韓国政府が6日付で、太平洋クロマグロに関し、同国の自主的な漁獲枠671トンを超過したとして、操業自粛要請を出したことが21日分かった。現在、韓国産クロマグロの日本への輸出は止まっている。韓国では昨年3月、大型魚(30キロ以上)が大量漁獲されたが、昨年の同国の大型魚の漁獲枠は「0トン」で、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の国際合意に反するとして日本政府が通知していた。[....]