正社員募集中

太平洋クロマグロ回復確率62%に改善、ISCが評価

2016年8月8日

 北太平洋まぐろ類国際科学小委員会(ISC)は4日、太平洋クロマグロの資源評価結果を承認し、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)に対して管理勧告した。承認された資源評価は、2014年の親魚資源量が1万7000トンと依然、歴史的最低水準となり前回の調査をさらに下回る一方、96年から続いていた減少傾向が2010年以降、増加傾向に転じているとした。[....]