大型魚主体の漁業に、太平洋クロマグロ全国会議で説明

2016年8月29日

 太平洋クロマグロの資源・養殖管理に関する全国会議(水産庁主催)が26日、東京で開かれ、資源状況と管理の方向性について説明が行われた。水産庁の太田愼吾審議官は将来を見据えた日本のあり方として、「漁獲対象を小型魚から大型魚にシフトする必要があるのでは」と構造改革も提唱した。[....]