土用の丑を占う/栗山知浩・クローバートレーディング取締役営業部長

2016年7月6日

 中国加工鰻のここまでの取扱高をみると、6月下旬段階で数量、金額ともに伸びている。特に太物サイズが人気だ。池入れが豊富だったシーズンから2年以上がたったが、太物があふれたことで相場が一段安となり、細物の相場まで押し下げた。[....]