土用の丑を占う②中村祐治ベニレイ市販流通部長/原料不足見据えた国産

2019年7月8日

 量販店・スーパーにおける夏の土用丑の日商戦は、今年も国産が中心だろう。その国産の2018鰻年度(17年9月~18年8月)の販売動向を振り返ると、値入れ(利益率)をしっかり取って一パック2000円台半ば近くで販売した大手と、値入れを抑えて一パック2000円未満に抑えた中小で明暗が分かれた。[....]