国産ヒジキが異常に高騰、不作に韓国産も減産傾向響く

2016年7月14日

 国産ヒジキは今期入札をほぼ終了した。生産量は多くの産地で前年を下回ったが、「生産減だけでは説明がつかない」ほど価格が高騰。三重県では平均単価がキロ2415円(前年比167%)に上がった。韓国の減産傾向に加え、国内加工で他産地混入も発覚したことが影響した、と関係者はみる。[....]