危機感もちオール水産で、浜田靖一自民党水産調査会長

2016年7月5日

クリックで画像を大きく表示します

 今年5月から活動を再開した自民党水産総合調査会の浜田靖一会長(衆院議員)は水産経済新聞のインタビューに応じ、水産業界の現状について「オール水産としての危機感が足りなさすぎる」と指摘。「オール水産の立場で漁業を再生するしかない」と水産界が一丸となることの重要性を強調した。[....]