千葉・勝浦港でカツオ初水揚げ、昨年と同日の19日に6トン

2018年1月22日

18年の初物となったカツオ(19日、勝浦港で)
クリックで画像を大きく表示します

18年の初物となったカツオ(19日、勝浦港で)

 生鮮カツオ水揚げの最有力拠点となる千葉・勝浦港で19日、JF三重外湾漁協に所属する一本釣り漁船・第23長久丸(119トン)が入港し、2018年の同港でのカツオ初水揚げを行った。前年(1月19日)と同じ日。6トンで前年(16トン)より少なめ。魚体も6キロを超える「南方ガツオ」ではなく、初ガツオ最盛期の北上期を思わせる1~2キロ台の「小ガツオ」主体だった。[....]