北海道でカレイ好漁も需要弱く市況低迷、加工用途拡大へ

2019年6月24日

 北海道でカレイ類の水揚げが順調に推移している。水揚げ不振の魚が多い中、「貴重な鮮魚」と評されているが、一方で、加工・利用面では課題も指摘されている。北海道漁連のまとめによる今年1~4月のカレイ類の水揚量は、前年同期比7%増の6091トン。根室海峡周辺などが産地のクロガレイが11%増、日本海側などで獲れるマガレイが6%増など軒並み前年を上回っている。[....]