北洋さけ・ます代替漁業初年度不調、中央協で報告

2017年3月1日

 漁業構造改革総合対策事業の第52回中央協議会が2月27日、都内で開かれ、「北洋さけ・ます代替漁業」の3事業から、1年目漁期の状況が報告された。昨年5~7月の漁期を既存の漁労設備が活用できるサバ・イワシ棒受網や公海サンマ操業へ転換し新たな周年操業体制の確立を探ったが、マサバの来遊が少なく、公海で洋上販売先のロシア加工船の到着が遅れ、計画を十分に履行できなかった。[....]