函館でイカ資源の講演会、分布回遊に変化も

2016年6月6日

 イカの資源評価と予測に関する講演会が5月27日、函館市内で開かれた。北海道でも6月1日から日本海側でスルメイカ釣り漁が解禁で、漁業や加工関係者ら約200人が出席。東北区水産研究所の長期漁況予報(5~7月)では、来遊量は近年平均を下回り漁期の開始は近年平均より早いとの予測などが示された。 [....]