全漁連攻めの販売事業へ体制強化①/輸出と直販核に 

2018年7月13日

 JF全漁連は、第5次中期経営計画(2014~18年度)で、広域な漁村地域における浜の機能再生や、中核的な担い手漁業者の育成などを通じて、水産業の競争力強化や構造改革を推進していく方針を打ち出した。さらにステップアップするため、輸出・直販事業部(三浦秀樹部長)を核に、攻めの販売事業に向けた体制の見直しと戦略強化を図った。新体制で挑む販売事業を4回連載する。[....]