正社員募集中

全さんま所属船が周年操業化初の出漁、下旬にも水揚げ

2019年5月17日

 周年操業を始めた全さんま(八木田和浩組合長)所属の棒受網船のうち、ロシアへの洋上売魚事業に参加する第1陣(Aグループ)の大型船9隻が15、16日にかけ、ロシアの加工母船が待機する公海漁場に向けて出港した。18日に洋上で合流し、今シーズンの操業に入る。約2週間はロシア側に洋上販売。6月初旬の帰港時に、日本へ今年初めてのサンマを持ち帰る。[....]