仙台駅限定「みやぎサーモン押し寿司」、振興協とJR東

2017年9月5日

新発売された駅弁「みやぎサーモン押し寿司」

新発売された駅弁「みやぎサーモン押し寿司」

 宮城県産ギンザケの最高級ブランド「みやぎサーモン」を使った新作駅弁「みやぎサーモン押し寿司」が1日から、JR仙台駅限定で発売が始まった。6カン入りで価格は税込み1100円。構内にある7つの弁当販売店で年末までの4か月間、延べ6000個が販売される。おいしさはもちろん、洗練されたデザインも特徴で、観光客らの人気を集めそうだ。

 「みやぎサーモン」は5月に県産品で初めて農林水産省の地理的表示保護制度(GI)に登録。駅弁は記念企画で、JR東日本グループとブランドを管理するみやぎ銀ざけ振興協議会が共同した。

 「みやぎサーモン」ならではのさっぱりした脂、凝縮されたうま味を堪能してもらうこと。酢の量を抑えて「生感」を強調、酢飯の間に細かく刻んだ身を挟むなど工夫と改良を重ねた。

 発売初日は、協議会の小野秀悦会長、JR東日本仙台支社の坂井究支社長らが県庁を訪問。村井嘉浩知事に「笹カマボコや牛タンに並ぶ宮城・仙台の名産品にしたい」特徴を説明、意気込みを語った。

 村井知事はひと口頬張ると、おいしさに驚きの表情。「押し寿司は好物だが、これは本当にうまい」「包装もすごくおしゃれ。間違いなく売れる」などと太鼓判を押した。[....]