久慈のギンポを築地に、産地高校生が築地で市場調査

2018年5月25日

 「未利用ギンポを育てて築地に出荷できないか」-岩手県立久慈東高校の生徒2人と引率教諭が17日、東京・築地市場の530の水産仲卸でつくる東京魚市場卸協同組合(東卸)を訪れた。地元で獲れるダイナンギンポの市場調査研究の一環で、仲卸の(有)ナンバ水産に、生徒らが飼育したサンプルを持ち込んで、難波昭信社長に実際に見てもらい、熱心に質問を投げ掛けた。[....]