中国漁業20年までに量から質へ転換へ、新5か年計画

2017年1月19日

 中国農業部(日本の農林水産省に相当)は2020年までに水産物の総生産量を減らし、生産額を上げる「量より質」への漁業方式に転換する。生産量は15年より100万トン少ない6600万トンに、生産額は約2600億元(約4兆4000億円)増の1兆4000億元(約23兆2400億円)を目指す。政府が策定した第13次5か年計画(16~20年)による方針として、発表された。[....]