三陸イサダ出足不振、前年比水揚げ4割で浜値2倍超に

2017年3月17日

 三陸のイサダ(オキアミ)漁が不振に見舞われている。解禁からまだ半月だが、天候・漁場ともに悪条件が続き、水揚げは昨年の4割に低迷している。浜値は在庫薄もあって2倍超にまで跳ね上がり、漁業者も加工業者も「春先の貴重な収入源。早く好転してほしい」と切実な願いを寄せている。[....]