ロシア情報/極東でホタテやカキ、ロシアが養殖60万トン計画

2018年9月21日

 北海道機船連によると、ロシアは2030年までに養殖漁業生産量を現状の約3倍の60万㌧に拡大する計画を立てている「第2回ロシア国際漁業フォーラム」で、パトルシェフ農業大臣が発表した。極東沿岸でホタテやカキなどを年間10万トン生産するほか、養殖用飼料、関連機器の生産促進や、輸送、製品保管技術の先進化に向けた施策を打つとの考えを示した。[....]