ロシア情報/スケソウ漁順調TAC2割消化

2017年2月15日

 北海道機船連によると、オホーツク海におけるロシアの抱卵スケソウ漁は、7日現在で前年同期比2%増の24万9900トン、TAC消化率は23%となった。引き続き前年を上回っているが、この1週間の週間漁獲は前年同期をやや下回った。現在、112隻が着業。海域別の漁獲量はカムチャツカ・クリール15万8000トン、西カムチャツカ4万6500トン、北部オホーツク4万1600トンなど。カムチャツカ・クリールのデータによると、スケソウの体長は38~45センチ。[....]