マルフジ加藤社長「スーパーは地域と人つなぐハブに」

2017年9月11日

 青海線沿線の西多摩地区に食品スーパー「マルフジ」11店舗を展開する㈱マルフジの加藤裕太郎社長は高齢化に対応しようと、青梅市で無料送迎バスの運行も開始。月間延べ1500人が利用し、客単価も伸びた。「企業や行政、地域をつなぐハブ」の役目を担おうと、地元の児童館への寄付も開始。顧客や行政から高い評価を得ている。[....]