マグロ獲り控え増える前例できた、水研機構伊藤氏解説

2016年11月8日

 責任あるまぐろ漁業推進機構(OPRT)は2日、都内でセミナーを開いた。水産研究・教育機構の国際水産資源研究所くろまぐろ資源部温帯性まぐろグループ長・伊藤智幸氏がみなみまぐろ保存委員会(CCSBT)でミナミマグロの増枠が決まったことを報告、「獲り控えれば増えるという前例ができた」と評価した。[....]