正社員募集中

マグロ新枠組み、参加・不参加で停止命令に差を検討

2017年2月10日

 クロマグロ小型魚管理で枠組み案では公的規制が導入される予定。超過した場合は採捕停止命令が出されることになるが、水産庁は協力金の枠組みに参加するかしないかで命令の出し方に差をつける方針。参加の都道府県に対しては「採捕停止命令」のみとし、その一方で、不参加の都道府県は混獲を認めず、全面停止命令を出し、事実上、網揚げを迫ることにしている。[....]