ホタテ情報/胆振値決め、値下げ続く

2018年2月6日

 北海道のJFいぶり噴火湾漁協のホタテ加工貝の2月上期(1~15日)の値決めが1日行われ、豊浦は前回比5円安のA貝(殻長8センチ以上)キロ223円、伊達は8円安のキロ220円で決まった。B貝は各地区A貝の半値。上場予定数量は豊浦300トン、虻田14トン、伊達105トン。

 加工貝の昨期からの増産が予想され、前回に続いて値下げでの妥結となった。[....]