ホタテ情報/玉令内販5年ぶりに1万トン復活、浜安が奏功し量販店など再評価

2019年4月5日

 北海道漁連推定によると、2018年度の玉冷ホタテの国内消化量は1万500トンと、前年から35%増え、5年ぶりに1万トン台に回復した。オホーツク産の原貝価格が漁期序盤から値頃に設定され、玉冷の製品市況が軟化。量販店や業務筋向け販路が再構築されたことが奏功した。

「玉令の年度別需給推移(4~3月)」本紙参照[....]