フレイル予防ファミマで、都が食生活情報共同発信

2019年11月7日

 ファミリーマート(澤田貴司社長)と東京都は10月29日から、高齢者が病気や加齢などにより①心身機能②生活機能③社会的機能が低下して要介護状態に近づく「フレイル」の予防に役立つ食生活情報の発信を共同で始めた。31日に小池百合子都知事が都庁内のファミリーマート店舗を視察し、新発売のフレイル予防につながる「7品目のビビンバ丼」を試食した。[....]