ヒップホップ島おこし、利尻の超シニア漁師が動画デビュー

2017年4月28日

ヒップホップファッションに身を包む「リーシリーボーイズ」の3人。
クリックで画像を大きく表示します

ヒップホップファッションに身を包む「リーシリーボーイズ」の3人。

 北海道利尻町の現役おじいちゃん漁師がヒップホップグループ「リーシリーボーイズ」を結成し、利尻町の観光振興や地域活性化などにひと役買うことになった。

 メンバーは3人で、それぞれ芸名ももつ。ウニ漁名人の「ガンゼ」(78)、はしご酒が趣味の「めんこE」(77)、おぼろ昆布作り達人の「コンブアッペカッチャ」(91)。年齢は合計246歳。

 デビューに伴い、24日に動画投稿サイトの「YouTube(ユーチューブ)」で、短編CMとプロモーションビデオを公開。ガンゼ(エゾバフンウニ)、ホッケ、コンブなど利尻の特産品をしっかりアピールしている。

 デビュー曲「ウィアー リーシリーボーイズ」を引っ提げ、NHK紅白歌合戦出場を目指す。ユーチューブでは、町の高校生と一緒になって、軽快なサウンドに乗りながら、ノリノリでステップを踏む3人の姿を見ることができる。

 今月29日には札幌で開催される北海道最大のファッションフェスティバル「サツコレ2017」にステージゲストとして出場し、大勢の若者を前にデビュー曲を披露する。[....]