ノルウェーの挑戦④/サルマール㊦最新鋭工場の多様性

2018年10月15日

 サルマールの本社と工場があるフレイヤ島に2011年、世界有数の最新テクノロジーと規模を誇る工場が完成した。一分間で140尾の魚体処理、無駄なく処理されていく加工ラインは圧巻だ。工場には28か国から働き手が集まっており、500人の半数近くが外国人。さらに自動化を進める考えだが、職を奪うのでなく、品質管理に人員を配する計画だ。[....]