ニーハマル・ノルウェー大使、モダンな豊洲に感銘

2020年2月25日

クリックで画像を大きく表示します

「オーロラサーモン」のフィレー製品を手にするニーハマル大使(中央)と、田口社長(その㊨)。㊧はノルウェー水産物審議会のグンバル・ビエ日本代表。

 昨年8月に着任したインガ・ニーハマル駐日ノルウェー大使は21日、東京・豊洲市場を初めて訪問し、水産卸売場棟1階にある第一水産㈱(田口弘之社長)の養殖サーモンセリ場を中心に視察した。2004~08年に副大使として築地市場に足を運んだ経験があるという大使は、[....]