トビイカ入札、高値は3000円超えで想定上回る好値

2017年3月28日

 新たなイカ加工原料として期待される船凍トビイカの入札が24日、八戸魚市場で行われた。高値で一箱(8キロ)当たり3000円を超える好値が付き、スルメイカの供給が細る中、代替原料としての注目度が反映された。水産研究・教育機構開発調査センターの調査事業で大中型イカ釣り船2隻が1~2月にフィリピン東方沖公海で漁獲した計1113箱が上場された。[....]