スルメ半減13万6000トン、水政審今期TAC承認

2017年2月27日

 水産庁は23日、農林水産省内会議室で水産政策審議会第81回資源管理分科会を開催。平成29年のスルメイカとスケソウの漁獲可能量(TAC)案と、28年ズワイガニ留保分の配分案を原案通り承認した。スルメイカ(29年4月~30年3月)の生物学的許容漁獲量(ABC)は合計22万5300トンとし、TACは前年の半減近い13万6000トン(前年25万6000トン)と設定。[....]