スリ身は前年並み、B最終12万トン前後か

2016年8月22日

 米国海洋漁業局(NMFS)が13日現在でまとめた米国DAPの主要スケソウ製品の出来高によると、スリ身は昨年並みの生産が続いている。Bシーズンの累計は7万5390トン、前年同期比0・7%減。スケソウ魚体は550~600グラム台の小型が中心だが、数量はまとまっているもよう。

「米国DAP主要スケソウ製品の出来高推移(2016年A・Bシーズン=8月13日)」本紙参照