正社員募集中

スケソウ18年TAC、日本海は基準変更し前年等量に

2018年1月24日

 水産庁は22日、札幌市内で、2018年漁期のスケソウTAC意見交換会を開催し、日本海北部、太平洋など4系群の漁獲可能量(TAC)案を提示した。依然として親魚量が低い水準で推移している日本海北部系群については、資源の不確実性を考慮しながら、一定期間で確実に回復させる必要があると判断。漁業経営とのバランスも考慮し、従来の生物学的許容漁獲量(ABC)の漁獲シナリオ(管理基準)を変更。17年漁期と等量の6300トンがTAC案として示された。

 日本海北部系群のTACは「30年で親魚量をBリミットに回復させる」という漁獲シナリオの上限値(リミット)を採用してきた。17漁期のTACは過大評価されていた12年級の加入量を下方修正したため、前漁期から一気に2000トン削減された。17年度の資源評価によると、16年漁期の親魚量は4・9万トンで、依然としてBリミット(15・4万トン)を下回っている。15年級、16年級が豊度の高い加入群となる可能性が高く、資源量は下げ止まりが確認されているが、水産庁は「不確実性を考えれば、資源が過大評価される恐れもある。それに基づいたTACを設定した時の悪影響を限りなく抑えなければならない」と判断。ABCの最大値を選択してきた従来の考え方を見直した。17漁期と等量のTACに相当するABC(現状の漁獲圧を維持するシナリオ)を提示した。[....]