スケソウ最盛期も渡島・胆振は低調、日高にTAC追加 

2019年1月10日

 盛漁期を迎えた道南太平洋海域のスケソウ刺網漁は主力の渡島・胆振管内の12月末現在の漁獲量は1万3981トンで、10~12月の累計で前年同期比4%減まで挽回した。漁獲可能量(TAC)上限値に対する消化率は41%と低調。日高管内は2287トンを漁獲。2800トンの利用枠に対する消化率が8割を超えたため、今月8日に渡島・胆振管内のTAC残量から2000トンを日高に追加配分することを決めた。[....]