正社員募集中

シロザケ陸上養殖本格化、岩手大三陸水産研究センター

2016年11月29日

 岩手大学三陸水産研究センターが陸上養殖の本格研究に乗り出す。対象魚種は現地で研究が盛んなマツカワをはじめ、シロザケやサクラマスといった回遊性魚種も含む。特に基幹魚種のシロザケは養殖の強みを生かし、他魚種の水揚げも集中する秋季を外した出荷で、年間を通じての仕事量を均一化するほか、自然災害にも強い生産体制の一助にも位置付ける。[....]