シュリンプノート/輸入、買い控えも限界高値も2割増

2017年5月2日

 財務省の発表によると、3月の全エビ類の輸入量は前年同月比21・1%増で1万7001トン、金額では24・5%増の212億9300万円となった。欧米各国の旺盛な消費を背景に強気な産地価格が続き、日本は買い控え状態が続いていたが、国内在庫の減少もあり、1~2月に買い付けた分が輸入量回復につながった。[….]

「エビ類の輸入実績(2017年3月)」本紙参照