サンマ漁ロシア水域の漁獲上向く、一晩100トン超も

2019年10月25日

サンマ漁はロシア二百カイリ内での漁獲が上向いてきたようだ。漁業情報サービスセンター(JAFIC)道東出張所(釧路)によると、今月12日ごろから、ロシア二百カイリ内にも漁場が形成され始めた。漁獲ペースも従来の一晩当たり数十トンペース(公海)から、多い船で40~50トンなどと上向き、22日には今期初めて一晩で100トン以上を漁獲する大型船(2隻)も現れた。[....]