サケ定置とホタテ漁業を紹介、札幌の小学校で出前授業

2017年6月29日

 北海道漁連と漁協青年部による「漁師さんの出前授業」が21日、札幌市立札幌小学校で行われ、海の見えない都会の子供たちに北海道の漁業と魚介類の魅力を紹介した。5年生39人が参加。JF大樹漁協でサケ定置漁業に従事する髙橋良典青年部長と、JF猿払村漁協でホタテ漁業に従事する大谷永青年部長が胴長姿で登場。サケとホタテの水揚げ作業、漁の感動やや大変さを紹介した。[....]