サケ・マス販売/(12月)ギン挽回し前年超え、塩蔵は不振

2020年1月22日

 東京都中央卸売市場12月のサケ・マス類販売は、ギンを主体とした冷凍が伸長したものの塩蔵が伸び悩み、全体では2766トンと前年並みだった。この結果、1~12月の年計では冷凍が回復する一方、塩蔵の落ち込みが目立ち、それでも全体では

「東京市場のサケ・マス類販売動向」本紙参照[....]