コウナゴ干(豊洲)/シーズン近づくも文化の消失を危惧

2020年1月30日

 近年、不振にあえぐイカナゴ仔魚のコウナゴ漁(関西名・シンコ)のシーズン入りが間もなくに迫った。ただ、愛知・三重や兵庫・大阪などの主産地の調査・研究機関の情報が出始めているが、28日までに発表されたものでいまだに明るい材料は出ていない。

「東京・豊洲(旧築地)市場のコウナゴ干数量・単価(2~5月累計、10~19年)」本紙参照[....]