クロマグロ管違静岡も違反操業、7県で漁獲未報告確認

2017年2月6日

 水産庁は3日、太平洋クロマグロ資源管理の順守・徹底に関する調査の中間取りまとめを行い、昨年末の長崎に続き静岡でも未承認操業が判明したと発表。漁獲などの未報告も7県で確認された。1漁協の漁業者4人が広域委員会指示に基づく承認を受けず約1・5トンを漁獲したとした。水産庁は「太平洋クロマグロの資源回復には漁獲管理が不可欠。県に原因究明と再発防止を求めていく」方針。[....]