正社員募集中

クロマグロ管理、水産庁が太平洋北部ブロックにも警報

2017年1月11日

 水産庁は5日、太平洋クロマグロ管理において、太平洋北部ブロック(北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県)に警報を出した。小型魚(30キロ未満)の漁獲量が34・8トンとなり、上限41・7トンの8割を超えたため。茨城県のひき釣りで一尾2~3キロ主体に漁獲が積み上がり12月末に注意報が発出されていた。沿岸漁業の第2管理期間は昨年7月から今年6月まで。[....]