クロマグロ初期回復20%、WCPFC北委に検討要請

2016年12月13日

 中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)第13回年次会合が5日から9日まで、フィジーのナンディで開かれた。太平洋クロマグロの保存管理について、WCPFCから北小委員会へ、来年の年次会合を目指し、2034年までに初期資源の20%まで資源回復させる措置を検討するよう、異例の要請があった。この方向性が強まれば、さらに管理が強化される可能性が出てくる。[....]