正社員募集中

カラスガレイ枠を増加、NAFO年次会合で新管理措置

2017年9月27日

 カナダ東岸の公海を管理する北大西洋漁業機関(NAFO)の第39回年次会合が22日まで、モントリオールで開催された。主要漁獲対象魚のカラスガレイは、資源管理戦略評価(MSE)が見直されたことで、日本の2018年の漁獲割当は17年から129トン増の1253トンへと拡大した。[....]