カナダ産ギンダラ18年度日本向け170トン、生産安定し大型化

2019年4月16日

 ここ数年、年間100トンを挟んで一進一退で推移してきた養殖生鮮ギンダラは、2018/19年シーズン(18年7月~19年6月)の日本向け出荷量が170トンと予想され、前シーズン(110トン)の1・5倍に伸びることが濃厚となった。近く、唯一の産地であるカナダからの航空便が週2便に増強される見通しで、19/20年シーズンにはさらに拡大しそうだ。[....]