カツオ節供給安定へ、ヤマキがインドネシアESLと提携

2016年7月27日

 ヤマキ(城戸善浩社長)は25日、インドネシアのカツオ節製造会社のエトミエコ・サラナ・ラウ社(ESL社、エティ・ロンピス社長)の発行済み株式の約21%を取得し、資本・業務提携を結んだと発表した。カツオ節の原料であるカツオがグローバル商材となる中、高品質で安全・安心なカツオ節を安定的に調達することを目的に今回の提携へとつながった。[....]