カツオ来遊昨年下回る、常磐・三陸沖予測

2019年7月3日

水産庁は6月28日、今後の常磐・三陸沖カツオ来遊量を「昨年および過去10年平均を下回る」と発表した。当該海域へ北上前群の一日一隻当たりの漁獲量(CPUE)から導き出した。
カツオは黒潮系暖水の張り出しや暖水塊の北縁部西寄りに発生、加えて7~8月は、海面水温が22~24度C帯に分布する傾向がある[....]