カイゼンで水産加工生産実績35%向上、岩手で報告会

2016年7月29日

 岩手県沿岸広域振興局は、東日本大震災からの復興を加速させるため、大手自動車メーカーの生産管理方式「カイゼン」のを県内水産加工業などへ導入している。27日に宮古市で開かれた活動発表会で川秀(宮古市)が、カニのパック詰めラインで一日当たりの生産量を35・3%も向上させた事例を報告した。[....]