オ海毛ガニ9%減で2~3割高、雄武はキロ4000円

2017年4月11日

 オホーツク沿岸の毛ガニかご漁は、3月末現在の道の集計で宗谷管内、オホーツク管内合わせて前年同期比9%減の480トン。宗谷管内はすでに許容漁獲量の7割弱を消化。早期の終漁が見込まれている。平均単価は前年の25%高と近年の傾向通り堅調で、宗谷は24%高のキロ3468円、オホーツクは32%高の3888円と「3000円相場」。雄武では平均で4000円を超えている。[....]